これは酷い(笑)としか言えない

私の趣味は映画鑑賞やマンガを読んだりとインドアです。

最近は動画配信サイトが沢山ありますから映画鑑賞も簡単に出来るので本当に楽ですよね~!もう外に借りに行く必要もないので部屋から本当に出なくなりました(笑)

毎日、動画配信サイトをチェックしていると…『進撃の巨人』の実写が配信していました。

映画が酷い!と批判を受けていた作品なのでどんな物かと観てみる事に。

アニメは作品全体に漂う絶望感やキャラクターや立体起動装置の迫力ある動きが『凄い』と思って観ていました。

実写にもそれを期待して観てみましたが…

これは酷い(笑)世界観の設定も全然違うし、キャラクターももう別人(笑)

主人公のエレンや友人のアルミンやミカサはともかく周りのキャラクターは酷いもんでした…。

特に個人的にはアニメや原作マンガではライナーというキャラが好きなのですが実写では、兄弟沢山の怪力無双のポッチャリになっていました。

誰だお前(笑)名前も違うキャラが多くて完全に原作を無視して作ったんだな~とガッカリしました。

リヴァイ兵長もシキシマ隊長という名前で『これ…兵長的なキャラなのかな…?』と最早予測すら怪しい設定にされていました(笑)

そして実写に期待していた立体起動の動きも思った程ではなく、途中から『もう別の作品なんだな(笑)』として観てしまいました。

日本のアニメの実写化ってどうして、こう原作を無視してやるんでしょうね~?

原作を無視した上にクオリティの低い作品作ったら、そりゃ批判もされますね…。

あ、でもハンジだけは原作に負けないクオリティで石原さとみが演じていたのは良かったです(笑)

というか一番原作に忠実でした。